「沈黙の春」と女の論理

高橋源一郎「ニッポンの小説3」のなかで、片山杜秀さんの文章を紹介している。<以下抜粋> 当時50歳に近かった独身のレイチェルは親戚の5歳の子を引き取り養子として育てた。その時、カーソンは「安全な食べ物や安全な水を与えて、ちゃんと育てなくてはいけない」と考えた。「沈黙の春」はその延長線上で書かれた本だった。 この本は実は、ひとつの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more