「火の山-山猿記」

この小説は海外生活の長い人が書いた手記という形のためか、ふつうには使わないカタカナ英語がよく出てくる。インティマシ、フラジリティ、スティミュレイト、イクスカーション、タイムオブブリス、スタボーンなどなど。それで、普通の日本人ではないという雰囲気が出ている。 1998年の本だが、フラジリティという言葉はその2-3年前にでた「フラジャイル…
コメント:0

続きを読むread more