英国の国民的歌手、ヴェラ・リン、103歳で死去

第二次世界大戦中に慰問公演を開き“軍の恋人(Forces sweetheart)”と慕われた国民的歌手。戦後どころか近年までその人気は衰えず、2009年92歳のときにリリースされたベスト・アルバム『We'll Meet Again: The Very Best of Vera Lynn』が1位を獲得し、リンは全英チャート史上最高齢のNo.1アーティストとなった。その後、2017年100歳の誕生日を記念し発表したアルバム『Vera Lynn 100』も3位をマークしている。
2009年にこのブログで「戦前の歌謡 その77 1941年」としてyoursを紹介したことがある。昔のブログなので、リンク先はほとんど消されているが。 合掌。



(リンゴ・スターがタンバリンで参加)
こんなブログもあります。
彼女は1959年に大英帝国勲章OBE(勲4等)、1975年にはDBE(勲2等)を授与されました。激動の20世紀を母国イギリスのために生き抜いた偉大な歌手です。

■ ■ ■ ■ ■

さて、1964年のイギリス/アメリカ映画「博士の異常な愛情(Dr. Strangelove)」をご存知の方がいると思います。

米ソ冷戦時代、一人の将軍の狂気から水爆合戦が起きてしまうという最悪の映画ですが、最後に地球上に次々と水爆が爆発するシーンのバックに流れるのが、Vera Lynnの”We'll Meet Again”でした。どういう意味かは映画を見れば分かりますが、何とも馬鹿げたストーリーで、地上の放射能が半減する100年後に「また会いましょう」と歌っているのです。詳しく知りたい方はDVDでも見てご覧なさい。

これもこの歌を敢えて歌おうとしないもう1つの拘りでもあります。(2011/11/14)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント