運動依存

コロナの時代になって、運動依存(症)が問題になってきているらしい。今日の講演の及川欧医師の話。写真禁止で細かな内容は忘れたので、ネットで調べると、アメリカで3%、ドイツの持久系アスリートの30%がすでに運動依存とか。 次のサインがあると要注意で、家族や社会と折合いが悪くなったり、精神障害をもたらすことがある。家族に同じような運動を勧め…
コメント:0

続きを読むread more

山峡に咲く花

28日の深夜TV「UMKテレビ宮崎開局50周年ドキュメンタリー「山峡に咲く ~土呂久100年の記憶~」」を偶然見た。 宮崎県高千穂町の山間にある土呂久では、かって猛毒の亜ヒ酸を生産していた。2020年は始って100年、公害が明るみに出て50年、裁判の和解から30年。歴史が、住民が、土呂久という場所が私たちに教えてくれるものは何か。集落…
コメント:0

続きを読むread more

知るとはいつも、思い出すこと

突然、ある出来事が人生の意味を説き明してくれる、そんな経験は誰にもあるだろう。そのとき、私たちが、「わかった」と過去形でいうのは、ずっと前からすでに、答えが自らの内にあったことにもまた、同時に気がつくからである。知るとはいつも、思い出すことであり、すでに知っていることの自覚にほかならない。若松英輔「不滅の哲学 池田晶子」より。おすすめ…
コメント:0

続きを読むread more

世界の喉歌

モンゴル 喉歌(のどうた、Throat-singing, Overtone-singing)は、喉を詰めた発声から生じるフォルマントを利用した、笛のような音などを特徴とする声を用いた特殊な歌唱法。 イヌイットとモンゴルの喉歌 器楽的特徴をもつ歌唱法で基音と倍音を同時発声する倍音唱法の一種である[2]。 極東地方に広く伝承されて…
コメント:0

続きを読むread more

地震の真因は地中爆発である

第149回 最終間氷期勉強会 日  時:2020年 10月 24日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター ◎話題提供1  「【今】はどこにある?!」 米道 博 氏(北海道道路エンジニアリング株式会社) ◎話題提供2 本の紹介  「地震の発生原因に関する一考察~野尻明…
コメント:0

続きを読むread more

太鼓の音に足の合わぬ者をとがめるな。

太鼓の音に足の合わぬ者をとがめるな。その人は、別の太鼓に聞き入っているのかもしれない。 レイチェル・カーソン北海道の会 第183回学習会。10月22日。話題提供 近藤務代表 「レイチェル・カーソンから学ぶ~生物多様性と教育」の資料より。 もとはソローの「森の生活」にある一節を、かって鶴見俊輔が自分流に訳したものらしい。
コメント:0

続きを読むread more

zoomを使った講演会

初めてzoomの講演会を視聴した。メールで届いたリンクを押すと、zoomが立上がり、設定は一切不要。ただし動画保存は不可。「youtubeliveに参加」のボタンを押すとyoutubeでも視聴できる。時々音声が途切れるのが気になる。タイトルは「”ニューノーマル”の中で活きる位置・空間情報技術」。コロナの話で、インターネットが発達した時代…
コメント:0

続きを読むread more

ケプロン日誌

北海道開拓のグランドデザインを担当したケプロンの日記で、おやっと思ったこと。。 1・北大の前身の農学校は札幌ではなく、ケプロンが居た当時は七飯町に予定されていた。「敷地はすでに一部整地して柵が立っている。しかし現在のところ、仕事がこのまま進展するかどうかは疑問である。」--ガルトネル事件の影響だろうか。 2・「ナウマン伝」では、ケプ…
コメント:0

続きを読むread more

三角山・大倉山縦走

18日はいい天気になったので、4年ぶりに三角山に登る。山の手登山口駐車場はほぼ満車状態。すぐ上流のりんご園はたわわに実って豊作のようだ。三角山からの眺望はいつもながら美しい。カミキリ虫やドラミングする鳥が多い。大倉山ではジャンプの選手がちょうど飛ぶところだった。斑入りのような紅葉も美しい。赤い実をつけた草が点々とある。こくわの実も見つけ…
コメント:0

続きを読むread more

エビ料理のバイキング

グランドホテル1Fのディナーブッフェ。50品のバイキング。 普段エビは食べないようにしているが、初めてのエビづくしでした。 後で、エビ養殖の環境破壊がどうなっているのか、ネットで調べてみた。 メスのエビの片眼を切除することが一般の慣行となっているらしい。 その目的は生殖腺抑制ホルモンを取除くことで、卵巣の成熟が促されるという…
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャのジャニス・ジョプリン

giota giannna(ジョタ ジャンナ)はギリシアのハーモニカの名手で歌手。1928年生れ。(動画ではイヨタ ヤンナのように聞える。) 最初のアルバムは2013年にリリース。それまではアテナでミュージックショップやナイトクラブで歌っていた。 90歳過ぎての演奏 1966年30代の頃の音源 ハジキダスの雰囲気…
コメント:0

続きを読むread more

ヤクートの歌

オレナ ウーダイ(UUTAi Олена Подлужная)はロシア極東のヤクート(サハ共和国)の伝統的な口琴や太鼓を使って魅力的な音楽を創造している芸術家。ウーダイは、「水によって作成された謎」を意味する。 Olena UUTAi. The Call of Shaman Uutaiは、音楽、儀式​​、癒しのプログラムで世界…
コメント:0

続きを読むread more

青山(せいざん)は墳墓の地

知らなかった。青は「青年」「青春」など、若く瑞々しい「生命」の発露を表す一方で、反転して「死」も表すのだという。青山とは人が死んで葬られる墳墓の地のことだ。 そして青い空や青い海原は、人間の「命」が還っていく所にもなる。村田喜代子「飛族」より。 「人間(じんかん)到る処青山(せいざん)あり」という慣用もある。世の中その気になれば何処…
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「レ・ミゼラブル 」より

これも多くの人が歌っていますね。 島田歌穂 このミュージカルは1980年初演。日本では1987年から始る。訳詞は岩谷時子。すでに3336回(日本)。 岩崎宏美 ガブローシュ役は、小学生時代の山本耕史や高橋一生が演じたことでも知られている。 ガンバルジャン 2021年の公演は5月に開幕。 美咲
コメント:0

続きを読むread more

澁澤龍彦伝

まだ学生の頃、室蘭工業大学付属図書館で「夢の宇宙誌」を見つけ、それ以来、澁澤龍彦の本はずいぶん読んだ。本棚を調べたら文庫本を入れると100冊近い。礒崎純一「龍彦親王航海記-澁澤龍彦伝」は500pを超す大作で読終るのにほぼ1週刊かかった。大半は知っていたが不倫の話は知らなかった。読後、矢川澄子や加藤郁也のウキベディアをみると、同様の記載が…
コメント:0

続きを読むread more

ウィズ・マリス・トワーズ・ノン

北大総合博物館のポランティアニュースを読んでいたら、「遠友夜学校創設125周年に寄せて」というタイトルで藤田正一先生が書かれている記事があった。「遠友夜学校」という校名は「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」から取ったと言われるが、この学校は当時としては珍しい共学で、「お父さんのような同級生、お兄さんのような先生」がいる学校、当然、ア…
コメント:0

続きを読むread more

【世界一愉快なケルトの葬式の歌】

フィネガンズ・ウェイク (修正版) 「Wakeは「起き上がる」(ここでは生き返る)を意味するけれど、アイルランド英語だと「葬式」も意味する単語だそうです 死と再生が同じ意味というところに一種の興味深さを覚えます」という書込みがある。 ジョイスの難解な小説「フィネガンズ・ウェイク」はこのアイルランドのバラッド Finnegan's …
コメント:0

続きを読むread more

デレヤマン

Dle Yamanはアルメニア民謡。二人の悲劇的な恋愛の物語でミタス神父がアルメニアの田舎を旅行中に採譜した。 1900年代初頭のアルメニア人虐殺の後は、喪に服する賛美歌の1つになりました。
コメント:0

続きを読むread more

ウラルのグミの木

「歌詞の「рябина(リャビーナ)」は実はロシア語で「ナナカマド」のことで、日本語訳詞の際に「グミの木」とされたのだそうです」ナナカマドとグミではイメージがかなり違うな。
コメント:0

続きを読むread more

ブルーグラスのファミリーバンド

the Petersens(ザ・ピーターセン)はミズーリ州ブランソンを拠点に活動する、ブルーグラスバンド。家族5人+その友人1人の6名。バンジョー、フィドル、ギター、マンドリン、バス、ドブロギターで構成される。 Jolene ブルーグラスは白人の移民が生み出したルーツミュージック。 Take Me Home, Country …
コメント:0

続きを読むread more

火星の写真

10月8日23時50分頃。 火星のすぐ上をほぼ水平方向に魚座が横たわる。その左上に牡羊座が、下の方にくじら座が見える。魚座と牡羊座の間に天王星が、右端には海王星が小さく見える。右上の明るい星二つは秋の大四辺形の一角です。久しぶりに雲の無い夜空だったので写真を撮った。ストーブをつけ始めた札幌にて。
コメント:0

続きを読むread more

ロシア民謡「鶴」

広島の原水禁大会に参加した時の感動をもとに書いたアヴァール語の詩。S.フェオクチーストフがロシア語訳をし、それに1969年にフレンケリが作曲した。戦場で散った戦友は死んでしまったのではなく、鶴に姿を変えて群れをなして大空を飛んでいるのだと偲んでいる。 残念ながら、日本ではあまり知られていない。 【ロシア語】鶴 (Журавли) (…
コメント:0

続きを読むread more

グルジアの歌

渡辺歌子 「グルジャの歌」 オクジャワ(1924-1997)はソ連時代のモスクワ生まれの詩人であり、シンガーソングライターで、200曲あまりの曲を残し、ギターを爪弾きながら舞台で歌う晩年の彼の姿は映像に多く残されている。 Gruzinskaja pesnja 彼の父はグルジア人であった。オクジャワもモスクワに生まれたのち、共産党員…
コメント:0

続きを読むread more

放射能測定マップ

山の手図書館の新着図書コーナーに「図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 2011年のあの時・いま・未来を知る」2018年 があった。ネットで調べると市内の図書館では10冊に増えている。
コメント:0

続きを読むread more

スベリヒユ

スベリヒユはどこにでもある雑草として知られているが、山形では「ひょう」という名前で野菜として売られている。栄養価が高く、オメガ3脂肪酸、カリウム、ビタミンA、ビタミンCを含んでいるらしい。生でも食べられるが、さっと塩ゆでしたのち、味付け・調理して、和え物、味噌汁、天ぷらなどにするようです。シュウ酸を含むので、水に長時間さらす必要がある。…
コメント:0

続きを読むread more

Viva La Vida(美しき生命)

Viva La Vidaはイギリスのオルタナティヴ・ロックバンドコールドプレイの2008年の楽曲。アルバムジャケットにはウジェーヌ・ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』が使用されている。「Viva la Vida」(スペイン語で「人生万歳!」を意味する)はメキシコの画家、フリーダ・カーロの作品にちなんでいる。五木ひろしのViva La …
コメント:0

続きを読むread more

生物多様性

種の多様性が高まれば、森林という生態系もより安定することが知られている。なぜ安定するのか、その仕組はよくわかっていない。どの生物にも天敵が存在するため、森林にいる生き物の種類が多ければ多いほど、一つの種が他の種を一方的に利用することができなくなるからではないだろうか。Peter Wohlleben 「樹木たちの知られざる生活-森林管理官…
コメント:0

続きを読むread more

画面左端に虹の一部が見え始めた。しばらく見ていると上へ伸びていく。そして半円状に伸びて右下へつながった。そして、左下部からゆっくり消え始めた。その間約10分。虹の生成から消滅まで見たのは初めてだ。上の写真はつながり始めで左が濃い(カメラ)。下の写真は左から消え始めるときで右が濃い(スマホ)。
コメント:0

続きを読むread more

日本の女性ロッカーのルーツ

カルメン・マキは1951年生れでアメリカ人の父と日本人の母を持つ日本人。1969年、「時には母のない子のように」でデビュー。翌1970年、ジャニス・ジョプリンを聞き、突然ロック転向を表明する。以来、50年以上に渡りフォーク、ロック、ジャズなどジャンルの垣根を乗り越えて表現活動を続けている。 日本の女性ロッカーのルーツと言われているが、テ…
コメント:0

続きを読むread more

枝木の剪定

庭に木を植えると、枝木の剪定が一番の苦労だ。のこぎりや剪定はさみはすぐに切れなくなってしまう。最近は研ぐ業者も少ないらしい。youtubeで研ぎ方を教えてくれるのはありがたい。大きな枝は切ること自体が危険になるので、その前に切るべきなのに、木の生長の速さにいつも驚いている。
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルニュース 9月分

9/30 地方統一選、警官や軍人が7千人弱立候補=制服姿の選挙運動に軍が難色 9/29 地方の選挙選に「ボルソナロ」「ルーラ」氏が続々登場 9/29 熱帯雨林の伐採制限解除=有毒廃棄物の焼却も解禁 9/29 工業界の信頼感指数上昇=13年1月以来の好結果 9/29 ヤノマミ族=700人以上がコロナ感…
コメント:0

続きを読むread more

認知機能検査

札幌医科大学の認知機能検査は今年、自宅のパソコンを使って実施することになり、書類が送られてきた。30分ほどで終る「コグニチェック」。 結果は夫婦ともに「認知機能が良好」。ほっとした。
コメント:0

続きを読むread more