One Voice Children's Choir

昨日見た「[BS1スペシャル] HUMAN 奇跡の合唱団 | NHK」でこの合唱団を知った。
ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイヤーは、アメリカ合衆国ユタ州の児童合唱団である。略称はワン・ボイス、OVCCなど。
Diamonds by Rihanna
この合唱団は、福田真史が2002年ソルトレークシティオリンピックのために作曲した「イット・ジャスト・テイクス・ラブ」のレコーディングのために「2002年冬季五輪児童合唱団」として2001年に結成された。メンバーのうち25人の五輪終了後も一緒に歌いたいという希望で、福田は特定非営利活動法人として合唱団を設立した。
See You Again
合唱団には4歳から17歳までの140人が所属し、週に一回練習がある。ポピュラー音楽、ゴスペル、クラシック、ミュージカルソング、愛国歌など、非常に幅広いジャンルの曲を扱っており、年に50回から70回の公演を行っている。
Let It Go
福田は合唱団を指揮・曲のアレンジを行い、すべての曲に6〜9パートを作る[11] 。福田は2015年に『デザート・ニュース』で、自分が「技術と正確さ」を重視する日本で育った、と語った。「それは本当に大事なこと」ですが、合唱団を楽しむことも大事、とも考えている。 基本的なパートは3つで、そこにソプラノが4声、アルトが2声、そしてテナーとソプラニーノが加わり、7〜8声になることもある[20]。
When You Believe

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント