パティ・ペイジの音楽は戦後の日本人がはじめて受容したアメリカ音楽

日本人が洋楽に再び接した戦後の時代。アメリカ音楽は1952年頃からほぼリアル・タイムで聞かれるようになったが、そのときの最初のヒットになったのが、江利チエミがカヴァーし、本家パティ・ペイジのSPレコードも出た「テネシー・ワルツ」だった。パティの音楽は戦後の日本人がはじめて受容したアメリカ音楽だったのだ。-------- パティ・ペイジ…
コメント:0

続きを読むread more