カナダの「Walk off the Earth」

Walk off the Earthは、オンタリオ州バーリントン出身のカナダのインディーポップバンドです。 The Best Beatles Medley on the internet! Walk off the Earthの結成は2006年。カナダ・バーリントンでインディーズ活動を続け、2012年にコロムビア・レコードと契約。メ…
コメント:0

続きを読むread more

ポーランドのフォークグループ「ロキツァンカ」

ロキツァンカは、ポーランド民謡の熱狂的なファンによるグループです。 Rokiczanka - W moim ogródecku (Official HD Video) この音楽グループの始まりは、2001年、ロキトノ出身の友人たちが、本気でフォークロアの世界に入り込み、ポーランドの伝統音楽を世界に紹介しようと決めたときにさかのぼりま…
コメント:0

続きを読むread more

愛する母

フォークグループ「ムラダ」によるウクライナの古い歌「私の愛する母」 母親が子に人生の道の象徴として刺繍されたタオルを与える叙情的な英雄の告白回顧録 Млада - Рiдна мати моя Ukrainian Song (Рідна мати моя) - Katia 昨夜、102歳の叔母が亡くなりました。痛みもな…
コメント:0

続きを読むread more

目を見つめ合うこと

20年前、心理学者のアーサー・アロンは、お互いの目を4分間見つめることで人々を近づけることができることを発見しました。この発見を利用して、難民とヨーロッパ人が向かい合って目を凝らした簡単な実験を行うことにしました。 Look Beyond Borders - 4 minutes experiment 向かい合って座っている人たちは、…
コメント:0

続きを読むread more

スペイン?の二人組 La Isla Centeno

La Isla Centenoは、Lito de laIslaとMaríaCentenoの曲プロジェクトです。彼の音楽はラテンアメリカのさまざまなジャンルの要素を組み合わせており、過去の音楽に触発されています。 さわやかで独創的なサウンドで、彼らの歌はあなたを道路、ビーチの夕日、遠くの場所、そして共有された冒険に連れて行ってくれます。…
コメント:0

続きを読むread more

イオン今年最後のAfternoon Concert

この日の聴衆はさすがに少なかった。 日程:12月26日(日) 時間:(1)12:30~ (2)14:00~ (3)15:30~ (4)17:00~ ※各15分程度 場所:1F すずらん広場 クラリネットアンサンブル「夢」 狩原 枝里子(クラリネット) かりはら えりこ】 札幌市出身。 東京音楽大学卒業。 第5回横…
コメント:0

続きを読むread more

リトル・ドラマー・ボーイ

Little Drummer Boy | NTNU Version(ノールウェイ科学技術大学) リトル・ドラマー・ボーイはキャサリン・ケニコット・デーヴィスが1941年に作曲・発表したクリスマス・ソングである[1] 。 歌詩は4番まであり、その内容は貧しい生まれの男の子が東方の三博士に呼ばれてベツレヘムへ行き、「お金がないの…
コメント:0

続きを読むread more

天使の歌姫 セリーヌ・タム

セリーヌ・タムは、香港で2007年11月に生まれた歌手。2017年にアメリカズ・ゴット・タレントで準決勝になったことで一躍有名になった。 正式な名前は 谭芷昀 Celine Tam。3歳で音楽教師の父から歌を習い、4歳で公演を行っていたらしい。 Penampilan spektakuler yang bikin merindin…
コメント:0

続きを読むread more

昨夜は寒かった

昨日の夜、車搭載の外気温度計がマイナス11°を指した。夕方のマイナス6°から僅か3-4時間での急な温度低下だ。晴れ間だったから放射冷却だろうか。衛星写真で見ても、札幌には雲がない。
コメント:0

続きを読むread more

飽和潜水

池上永一の最新作「海神の島」は宝探しの物語で規模も壮大でおもしろい。話の展開があまりも劇画的で飛ばし読みしたくなるが、なるほどという箇所もいくつかある。その一つが飽和潜水の描写だ。 一般的にダイビングと言われている、ボンベから圧縮空気を吸う潜水方法(環境圧潜水または軟式潜水)の場合は潜水時間に限界があり、作業できるのは水深約4…
コメント:0

続きを読むread more

キャロル・オブ・ザ・ベル

「キャロル・オブ・ザ・ベル」(原題:Carol of the Bells)はウクライナの民謡を元に、マイコラ・レオントーヴィッチュが1914年に編曲したシュチェドルィックに、1936年にウクライナ人作曲家ピーター・J・ウィルウフスキーが英語の歌詞を付けたもの。 「キャロル」とは、現代ではキリスト教圏での儀礼的な意味での祝福の唄であり、…
コメント:0

続きを読むread more

第四紀の気候変動

話の途中、鼻水が止まらずに困った。自宅の帰ってからも止まらない。 --------------------------------------- 第155回 最終間氷期勉強会のお知らせ 日  時:2021年 12月 18日(土)、午後1時~5時  場  所:札幌市北区民センター(北25条西6丁目1番1号) 「縄文…
コメント:0

続きを読むread more

道東のバイオガスプラントの話

レイチェル・カーソン北海道の会 第188回学習会 期日 12月16日 15時~17時 場所 エルプラザ4階 研修室4 話題提供 松浦正和さん 「道東のバイオガスプラントの情報」 ----------------------- バイオマスプラントがことごとく失敗していることを、現地をつぶさに見てきた松浦さんが語り…
コメント:0

続きを読むread more

Destiny Quartet

ディスティニーカルテットはブルガリアで最も人気のあるクロスオーバーカルテットらしい。 クラッシックの世界でも、売り込みは大変なようだ。6年前頃からyoutubeで発信している。 Destiny El Choclo Jovano Jovanke - Love Without Frontiers Destiny Qua…
コメント:0

続きを読むread more

赤色エレジーだけではない

若い女性に「あがた森魚」のことを聞くと、聞いたことがないという。中高年の女性に聞くと、なんか暗い歌を歌う人でしょうという。最近、テレビやラジオには出演しないし、ライブは道内でやっていても告知の扱いは小さいから仕方がないが、道内出身のシンガーソングライター、映画監督、俳優、エッセイストです。「赤色エレジー」だけではない。 清怨夜曲 …
コメント:0

続きを読むread more

豪華な世界の終末図

この世で私が最も美しい図譜と感嘆するのは、図4「最初のラッパと災厄(「サン・スヴェールの黙示録」より)」(11世紀)である。これはビザンティンではなくて、ゴシック美術の絵画になるが、金色の翼を天上に広げた天使の構図の素晴らしいこと。背景の赤に天使の黒衣が際立っている。紅蓮の太陽を背景に、炎の赤い雨が地に降り注ぐ。 何と斬新かつ…
コメント:0

続きを読むread more

イオンのaternoon concert

中島さんは、かって肩が上がりすぎていたが、今はすっかり正常な肩に戻っていて安心した。クリスマスの曲をリラックスして弾いていて、それがそのまま伝わってきた。肩は下がったが、腕は一段と上がったと思う。 日程:12月11日(土) 時間:(1)12:30~ (2)14:00~ (3)15:30~ (4)17:00~ ※各15分程度 場…
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの奇跡の歌声・ダイアナ・アンクディノヴァ

Diana Dmitrievna Ankudinova は2003年5月にロシア・ウラジオストック近郊で生まれた。幼児期に実の母親から虐待を受け、孤児院に収容された。そこで歌の才能を見いだされた。2018年、子育てなしで子供の頃のかなりの部分を過ごした恵まれない子供たちのタレントコンペティションで優勝した。(wikipediaが詳しい)…
コメント:0

続きを読むread more

The Fab Four

世界一有名なビートルズのコピーバンドらしい。 ザ・フォブ・フォー(The Fab Four)は、アメリカ合衆国出身のバンドで、ビートルズのトリビュートバンド。1997年にアメリカ合衆国カリフォルニア州にてジョン・レノン役のロン・マクニールによって結成された。ビートルズの楽曲のみならず、各メンバーのソロ曲のカバーも披露している。なお、ビ…
コメント:0

続きを読むread more

センス・オブ・ワンダー

なぜ私が世界は美しくて不思議に満ちていると感じているかと言えば、それは、自然が美しくて不思議に満ちているからである。人間世界には、理不尽なことも美しくないことも山ほどあるが、自然は本当に美しい。そして、私がまだ実際にこの目で見て体験したことのない自然が、世界にはまだまだたくさんある。それらを見たいし、探求したい。私にとってはそれだけで、…
コメント:0

続きを読むread more

昔の喫茶店の歌

松島詩子 - 喫茶店の片隅で (1955) 矢野 亮 作詞、中野忠晴 作曲 小さい喫茶店 田中福夫、唄川幸子 昭和10年11月新譜。 1928年にドイツでつくられたコンチネンタル・タンゴの歌謡曲。1934年に日本に紹介された。 In einer kleinen Konditorei - Georg Kober - Tang…
コメント:0

続きを読むread more

イオン発寒のミニコンサート

ミニコンサートの観客数は、コロナ前にほぼ匹敵するレベルに戻ってきたようだ。 12月4日 この日の演奏者の情報はその日に消されてしまったようだ。 12月5日 《北濱 侑樹(フルート) きたはま ゆうき》 北海道教育大学大学院修了。 第1回北海道毎日学生コンクールフルート部門入選。 第6回仙台フルートコンクール入選。 第3回…
コメント:0

続きを読むread more

フィンランドの地霊の歌

「カレワラの日」2021年2月28日ヴァルティナは、ヴァルティナの創設メンバーサリ・カーシネンをフィーチャーした新曲「ルーヒ」をリリース。ルーヒは、フィンランドのポホラとカレリア神話として知られている土地の神秘的で強力な女王です。この曲は、世界中のすべての強力な女性、すなわち現代の「ルーヒス」に敬意を表しています。 Värttinä …
コメント:0

続きを読むread more

レナード彗星

今年1月に発見されたレナード彗星が見え始めているらしい。12月12日夜中が最接近。その頃まで双眼鏡でもよく見える。運がよければ肉眼でも可能だとか。夜明け前の4時~5時頃の東の方向で、目標は一際明るいアルクツールス。
コメント:0

続きを読むread more

「Unorthodox」の中の歌 Mi Bon Siach

Shira Haas - Mi Bon Siach (Singing in Unorthodox) シラ・ハース(1995~)はイスラエルのテルアビブ生まれの女優。14歳から演劇を始め、「Unorthodox」で国際的に高い評価を得た。 Unorthodoxはnetflixの2020年配信作品で、厳しい戒律を遵守するユダヤ教超正…
コメント:0

続きを読むread more

北海道のコロナ陽性率

道公開資料(12月2日まで)による陽性率と陽性者のグラフです。移動平均は14日(7日ではグラフのギザギザが大きいので)。 陽性率が1%程度から下がらないのは、時々発生する大きな値に引きずられているからのようです。 縦軸は対数表示です。陽性者が10人程度では移動平均値も安定しないようです。
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 11月分

11/29 南アフリカ旅行から帰国した人が陽性・オミクロン変異種であるかどうかは未確認 11/28 アフリカ6か国からのフライト中止 11/27 海運業にも気候変動の影響=暴風や海面上昇などで被害 11/27 平均寿命が76・8年に=10年間で3・3年延びる 11/27 限定一本の21年熟成カシャッサ、135万円…
コメント:0

続きを読むread more

地獄の門

「アンダーランド 記憶、隠喩、禁忌の地下空洞」ロバート・マクファーレン 2019 を読んでいたら、少し前に読んだ「塔里木(タリム)秘教考」中野美代子2012 の元ネタと思われることが書かれていて、びっくりしてしまった。 1971年、トルクメニスタンのカクラム砂漠、ダルヴァザの集落の近くにソ連の石油掘削設備がある。突然、大地にひび…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの女性歌手・マリリア・メンドンサ

「不倫に苦しむ女心を歌わせたら右に出るものがいない」と言われ、ブラジル音楽界で屈指の人気を誇っていたセルタネージャ(ブラジル版カントリー音楽)の女性歌手、マリリア・メンドンサが11月5日、ミナス・ジェライス州で起きた飛行機事故のため、26歳で死去した。人気絶頂での突然死だけに、国内メディアは揃って特番を組んで大々的に報じ、国際的にも注目…
コメント:0

続きを読むread more