守礼之邦

「天地に燦たり」より。
この扁額は、ずっとここにあり続ける。
もし焼かれても砕かれても、また掲げられ、
訪う者を出迎え、この島が「守礼之邦」だと示し続ける。
きっとそうだと思った。
そうでないならそうあってほしいと心から願った。

首里城が焼けたあとで、この本を読んだからか、少し希望が湧いてきた。tennキャプチャ.PNG

"守礼之邦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント