テーマ:自然

地球中心部の364万気圧、5500度という超高圧高温状態を実験室で 再現

鉱物屋の夢の一つが実現しましたね 1 名前:おっおにぎりがほしいんだなφ ★[] 投稿日:2010/04/06(火) 08:27:07 ID:??? 地球中心部の364万気圧、5500度という超高圧高温状態を実験室で再現することに、海洋研究開発機構や東京工業大学などの研究チームが世界で初めて成功し、5日発表した。 地球の中心部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の日露交流史 5月9日まで

イザベラ・バードが北海道を旅行したのは1878年(明治11年)だが、それ以前にも多くの人が訪れている。 1854 アメリカ使節ペリー 1857 アメリカ貿易事務官ライス 1858 ロシア領事ゴシケーヴィチ 1859 イギリス領事ホジソン 1860 ロシア植物学者マキシモヴィッチ 1861 イギリス商人・鳥類学者ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムペンバ効果 限定された条件下では存在する?

一時 某学会ではこの話で盛上がっていましたね wikipediaでも説明があります。 科学とオカルトのどっちなんだろうか 名前:冷やし中華 部分的に終わりました(060918)φ ★[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 12:13:04 ID:??? 直感に反してはいるが、高温のお湯が低温の水よりも短時間で凍る場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザベラ・バードが通った白老町

円錐状の石灰華とは何を見て書いたのか、春になったら見に行ってみよう 多分 支笏かクッタラの白い火山灰だと思うが・・・。 場所は沖野温泉周辺 白老地域文化大学のHPに参考になる記述がある 130年前の白老 イザベラ・バードの道を辿る (白老町広報誌「元気」2008年7月号掲載)  1878(明治11)年8月、イギリス人の女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士五湖の水は富士山の伏流水ではない

富士山(3776メートル)に降った雨が長い年月をかけて地中をしみ通ってわき出した湖と伝えられてきた 山梨県の富士五湖の定説が覆るかもしれない。同県環境科学研究所が、五つの湖の水と、周辺のわき水 の成分を分析したところ、ほとんど一致しないことが分かった。富士五湖の水はどうやら、地中深く流れる 「伏流水」ではなく、富士山の表面を流れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福寿草が咲く

今日4月4日 庭の福寿草が咲いた。 2009年は3月28日、2008年は3月29日だったから、少し遅い春。 自宅前の道路の雪も無くなった。 屋根の雪も数日で無くなりそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザベラ・バードの年譜

イザベラ・ルーシー・バード(Isabella Lucy Bird 1831-1904) 子供の頃から健康に不安を抱えながら世界屈指の探検家となる 1831 イギリス ヨークシャー州に生れる 父はインドで弁護士-妻を失い帰国後牧師となり再婚 1834(3歳) 妹ヘンリエッタ誕生 「日本奥地紀行」はこの妹宛の手紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1.3万年前の欧州寒冷期、北米の大洪水が原因か

この話は昨年 秋山先生の講演で聴いたことがあるので、新説ではないと思うが、より詳しい情報が加わったのだろうか? [シンガポール 31日 ロイター] 約1万3000年前にヨーロッパで急激に気温が低下し、約1400年にわたって続いた「ヤンガードリアス」と呼ばれる亜氷期が、大規模な洪水によって引き起こされた可能性があることが分かった。英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の地震 札幌震度1くらいか

札幌市西区琴似 ビルの4階では少し揺れただけ 震源地が北海道南西沖のかなり海側とは珍しい 発生時刻 3月30日 10時3分 震源地 北海道南西沖 位置 緯度 北緯43.2度 経度 東経138.6度 震源 マグニチュード M5.7 深さ 約10km
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化と原発産業とIPCC

地球温暖化の御旗の基で、世界中で原発を増設しようというニュースが聞えてくる。 これがIPCCの狙いだという噂は以前からあったが、こうも露骨になるといかがなものか。 以下は「21世紀のヒューマン・リテラシー」というブログの一部 地球上で、原発増設のバブルが始まるとき・・・・・ << 作成日時 : 2009/12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷河湖拡大「風原因」の新説 京大院生、故郷で独自調査

数年前、氷河湖の決壊については予算をつけるため過大な報告書を出している研究者がいると、低温研の研究者が発表しているのを聞いたことがある。 その発表では決壊の原因は簡単なことだったような記憶があるが、詳細は忘れてしまった。 ------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血を流す氷河 Blood Falls 南極のテイラー氷河

南極、再び血を流す氷河  【大紀元日本3月23日】最近、南極のある氷河から血のように赤い水が流れ出す現象が再び現れた。 今回この現象が現れた氷河はマクマード乾燥谷に位置する。 この地区には風速320キロに達する強風が吹き付け、全く氷が存在しないポイントがあり、南極で最も不思議な地区の一つとして知られている。  血を流す氷河は19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

でも温暖化対策は必要

1.名前:シガテラな本屋さんφ ★[] 投稿日:2010/03/21(日) 01:42:30 ID:???0 鳩山政権が成立を目指す「地球温暖化対策基本法」をめぐり、その前提となる地球温暖化そのものへの 懐疑的な議論が高まっている。 わが国の目標が「温室効果ガス(CО2)を2020年までに1990年比で25%減らす」と突出している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極観測隊 19日 帰国

【シドニー=南極観測船しらせ同行記者】昭和基地などでの活動を終え帰国する、南極観測隊第50次越冬隊と第51次夏隊を乗せた観測船しらせが17日午前9時過ぎ(日本時間同7時過ぎ)、オーストラリアのシドニーに入港した。 中略 観測隊員はしらせから下り19日、民間機で空路帰国する。しらせは燃料や食料を補給した後、23日にシドニーを出発、来月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーカーボンとグリーンカーボン

森林によるCo2削減効果のことをグリーンカーボンというが、これに対してブルーカーボンという新しい概念が出来たらしい。 日刊建設工業新聞H22.03.12 <<温室効果ガスの90年比25%削減が鳩山政権の重要課題になる中、海洋生物によって吸収される二酸化炭素(CO2)「ブルーカーボン」が注目され始めた。 アマモやヨシなどの藻場や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッコも走る

道新webより 【根室】かわいいしぐさで観光客を喜ばせたり、ウニを食べて漁業者を困らせたり、お騒がせの根室のラッコ-。今度は「海岸を走るラッコ」が根室市花咲港に現れた。  花咲港に姿を見せるようになったのは今月8日ごろから。12日も浅瀬をゆったりと泳いでいたと思うと、突然、船揚場の斜路から陸に上がり、近くにいたカモを目がけて犬のよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スズメ激減 50年で10分の1に

環境省は、かつてどこででも見かけたスズメが1960年ごろに比べ 10分の1に激減しているとの調査結果をまとめた。 4月から国民に呼び掛けスズメの目撃情報を収集する。 生物多様性保全活動の一環として取り組む。 同省は動植物の分布を調べた「自然環境保全基礎調査」や「農作物被害の経年推移」などからスズメの国内生息数を分析。 現在のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPCCの総合技術監理

NHKのニュース <<世界の科学者で作るIPCC=国連気候変動に関する政府間パネルが、さきに科学的な根拠が不十分な内容を発表した問題で、国連のパン・ギムン事務総長は、再発防止策の検討を別の科学者の組織に依頼しました。 中略 IPCCでは、2014年に発表する次の報告書の作成作業をこの秋から本格化させることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クライメートゲート事件は尾を引く

一度失った信頼を取戻すのは大変。 1.名前:恋しちゃってるBOYφ ★[sage] 投稿日:2010/03/08(月) 16:13:17 ID:??? 米国で地球温暖化に対する懐疑論が再燃している。 懐疑派の拡大に危機感を抱いた温暖化対策の推進派や科学界は反撃を始めたものの、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の失策…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極の話

せっかく作ったパワーポイントの資料が消失したので、2日間で再度作成した。 3/4のレイチェル・カーソン北海道の会に出席 油津さんの「沈黙の春 第6章 みどりの世界」とそれに関するボルネオの調査の話を聞く。 その後、30分程 時間を頂き、大急ぎで話をする タイトルは「南極観測について」(147枚) Ⅰ. 51次(現在)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリ地震で地軸が動き、1日の時間が短くなった

【3月3日 AFP】南米チリで2月27日に発生したマグニチュード(M)8.8の大地震で、地球の地軸がずれ、1日の長さが短くなった可能性があると、米航空宇宙局(NASA)が発表した。  NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、JPL)の地球物理学者、リチャード・グロス(Richard…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミモザ

ミモザとは本来はオジギソウのことらしいが、いまは黄色い花が咲くアカシヤのことをさすらしい。 長いこと どんな花か気になっていた。 wikipediaによると マメ科オジギソウ属の植物の総称(オジギソウ属のラテン語名およびそれに由来する学名がMimosa)。 原義。 フサアカシア、ギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チリ地震

Magnitude 8.8 Date-Time * Saturday, February 27, 2010 at 06:34:14 UTC * Saturday, February 27, 2010 at 03:34:14 AM at epicenter * Time of Earthquake…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大氷山が海流を妨げる?

今月12~13日に南極大陸のメルツ氷河(Mertz Glacier)から分離したルクセンブルクと同面積の巨大氷山が、世界の気候パターンの源となっている海流を妨げる恐れがあると、研究者らが25日、警告した。 この氷山は、面積2550平方キロ、厚さ約400メートルで、シドニー湾の100倍以上のサイズ。 南極大陸東部から南洋に突き出ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリ

我家に来る鳥のうち、ちょっと大きめの鳥はひよどりが多い。 この鳥の漢字は鵯と書く 卑しい鳥と書くがこの卑しいには意味がない。 この漢字は鳴声を音写した形声文字だそうで、ひーよひーよと鳴く音をを卑で表したものにすぎない wikipediaによると ヒヨドリ(鵯、Hypsipetes amaurotis)は、スズメ目ヒヨド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極の湖底にコケボウズ

 【昭和基地=南極観測隊同行記者・安藤伸一】 第51次南極観測隊の生物チームが、昭和基地の南約40キロの露岩地域スカルブスネスにある湖沼「長池」(長さ約400メートル、幅約150メートル)で潜水観測をした結果、藻類やコケ類などの植物が高さ数十センチの円すい形に固まった「コケボウズ」が水底に広がっているのを発見した。  コケボウズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドロメダ銀河の写真

NASAが昨年の暮れ(2009年12月14日)に打ち上げた広域赤外線探査衛星(ワイズ)"Wide-field Infrared Survey Explorer"によって非常に鮮明な写真が撮影され、公開された。 青い部分は成熟した星、黄や赤の色は若い星とのこと。 地球から約230万光年の距離に位置し、およそ1兆個の恒星から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more