テーマ:生態

生物多様性フォーラム

札幌のカラスやコウモリの生態の話は面白かった。 札幌のコウモリは18種類もいて、日本で最大とか。 昼間は枯葉などにくるまって寝ているらしい。 札幌に自生のホタルがいるのも知らなかった。 2月13日(水曜日)13時30分~16時00分 札幌市民交流プラザ2階SCARTSスタジオ1、2(中央区北1条西1丁目) 入場料 無料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モナーク蝶が激減

モナーク蝶はレイチェル・カーソンのシンボルになっている。 餌となる植物が激減したことなどからモナーク蝶も絶滅の危機に追込まれている。 -------------------------------- ■北米を数千キロにわたって大移動するオオカバマダラ、西部個体群は86%減少 オオカバマダラというチョウは、毎年秋に大移動をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自然」と「環境」は似て非なるもの

「熊を夢見る」より 「生物多様性」も「環境」同様、防腐処理を施された「自然」であって、「自然」を見くびって管理できると思っている言葉です。 熊を夢見る【電子書籍】[ 中沢 新一 ]楽天Kobo電子書籍ストア <p>詩的空間の原型としてのサーカス、アニミズムという対称性の思考、日本の芸能を貫くラディカルさ── 楽天市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルヴァリン

ウルヴァリンってのはヨーロッパ・アジア・北米大陸の北部にいる最強のイタチ科です。イタチの仲間の中ではかなり大型で、オオカミの餌を横取りしたりクマだって撃退しちゃいます。自分より5倍は大きいヘラジカだって襲っちゃいます。とにかく獰猛且つ超凶暴。「小さな悪魔」と呼ばれてるそうです。日本にはいませんが、和名を「クズリ」と言います。 映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪

20日に初雪が申訳なさそうに僅かに降った。 今日21日朝には積雪状態になっていたが、昼には融けてしまった。 今は雨になっているが、夕方から雪になるらしい。 雪かきの道具を用意しなくては! いつもはスズメが多いのに、今日はシジュウガラが来ている。 マルメロの実はすべて落ちてしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十月桜

千葉で十月桜が満開でしたが、こんな名前の桜があることさえ知らなかった。この校内には珍しい木が多い。 春は桜の名所らしい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマネギの漬物

漬物で有名な歌志内の道の駅ではいろいろな漬物を売っている。 タマネギの漬物は初めてなので購入してみた。 酒粕の香りとタマネギの甘さがじつにいい。 これは道の駅に植えられているハーブ。チェリーセージの仲間かな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人体にマイクロプラスティック、初の報告

避けられない事態が明るみに出た。マイクロプラスチックはすでに鳥、魚、クジラの体内から発見されており、それが人間の中からも見つかったというのは、決して意外なことではない。具体的にどこから見つかったのかといえば、びろうな話になるが、ある予備的研究に協力した8人の糞便からだ。この結果は、10月23日に欧州消化器病学会で、オーストリア、ウィーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のカメムシは変っている

札幌市の五天山の近くに住んでいるが、いつもはちょっと大きめのクサギカメムシが発生していた。 今年はアブラムシを小型にしたような小さな虫が大量に発生している。 調べてみるとこれもカメムシの仲間で、スコットカメムシというらしい。 背中に白い部分があるのが特徴とか。 動きが速くてなかなか捕まえられない。 カメムシは寒さに弱い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリカブト農家

伊達から倶知安へ向う途中で、畑にトリカブトを栽培している所を見た。 トリカブトは猛毒で知られているが、これを薬草として栽培している所がある事を初めて知った。 ネットで調べると、道内で栽培面積の大きい薬用作物ではセンキュウに次いで2位(27ha:H24年調べ)とあるので、私が知らなかっただけのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコの尻尾の付け根を押すとなつく

ハルミンさんは野良猫を手なずける達人で、猫の尾のつけね(背中側)を指でつまんでギューッと押すとゴロニャーンとなついてしまうらしい。わが家のノラに試してみたら、確かにぐにゃぐにゃになった。「下り坂繁盛記」より 「下り坂」繁盛記 (ちくま文庫)筑摩書房 嵐山 光三郎 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の森林変遷史-花粉分析から復元された15万年間

第12回北大山岳館講演会開催のお知らせ 演 題:北海道の森林変遷史-花粉分析から復元された15万年間- 講 師:五十嵐八枝子(北大山の会会員・北方圏古環境研究室主査) 日 時:10月13日(土)、午後1時30分~3時30分 場 所:北大山岳館 参加費:無料 定 員:60人 講演内容: 現在は北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキノキリンソウ

盃温泉にて。 盃温泉には久しぶりに来たが、すっかり様変わりして寂れていた。 よく泊まっていたホテルは更地になり跡形もない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五天山に住む水鳥

札幌市西区の五天山公園に1羽の水鳥が住み着いている。 人を怖がらず、近寄ってもじっとしている。 管理人に聞くと、いつもほぼ同じところに居るよ、近くに巣もあるよ。 足ひれが発達しているのでガンカモの仲間と思ったが、どうもカワウやウミウに似ているな。 中島公園にはウミウが居るらしい。 こんどスマホじゃなくて、カメラを持ってこよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道トライアスロン

8月19日7時 競技は洞爺湖でスタート 。競技終了18時。 スイム:2.0km / バイク:139.6km / ラン:23.1km 水温平均22度。 昨年同様 スイムスキップ制を採用。 大きな事故も無く、無事終了。 マーシャルは5時に集合し、最終ゴールを確認して、解散。 1日中立っていると、さすがに足が棒になった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂山の巣穴

砂山に鳥の巣穴がある。 大きいものにはキツネが住んでいると聞いたことがある。(共和町にて)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊も鮭を食べると中毒する

食品安全情報blogより グリズリー熊のサケ中毒 Study examines salmon poisoning disease in grizzly bears 5-Jul-2018 https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-07/w-ses070418.php …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サビタの花

道東ではサビタ(ノリウツギ)の花が満開です。 道路わきではどこでも我が物顔で咲いていますが、よく見るとすごくきれいな花です。 サビタの記憶 (角川文庫 緑 249-4)KADOKAWA 原田 康子 Amazonアソシエイト サビタの花―ロシア史における私の歩み成文社 外川 継男 Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野付半島のアオサギ

アオサギとツルではだいぶ違いましたね 2か所にそれぞれ20羽ほどいました。 これほどのサギ集団は初めて見た。 ただ風景を見ていると、寂しい風景にしか見えないが、野鳥や野草をよくよく見ると豊かで美しい生態系が見えてくる。 サギは集団でいてもあまり動かないので、見過ごしてしまう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野付半島

野付半島には初めて来た。日本最大の砂嘴。 ナラワラ タンチョウ? エゾフウロ  よく見るといろんな花が咲いている  7月22日撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東も暑い

20日、道東へ。昼間30℃~31℃で暑い 雌阿寒岳 車のすぐ脇にシカが寄ってくる 近くの田園風景
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくりぐみが一杯

ちょうど熟れたものが多いが、まだ青いものや腐ったものが共存している。それにしても、今年は豊作だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラベンダーに蜂が大集合

札幌市西区の地下鉄に沿う道路の中央分離帯に長さ数キロの範囲にラベンダーが植えられていて、満開になっています。香りが強いせいか、信号機で車が止まるたびに花を眺めていると、どこでも蜂がたくさんいて蜜を吸っています。 一体全部で何匹いることやら。すごい数ですが、だれか何匹ぐらいか推計しないでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマボウシ

ピンク色のヤマボウシは時々見かけるが、札幌でこれだけの大木は珍しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリガネスイセン(釣鐘水仙)

数年前、庭先にひょっこり生えてきた美しい花ですが、毎年咲いています。 シラー・カンパニュラータとか横文字の名前がいくつもありますね。 花の色は青~紫、ピンク、白。 花言葉は「哀れ」「淋しい」「変わらない愛」「恋の呼びかけ」 ギリシヤ神話が元になっているようで、とても悲しい花言葉が多いのはこの花に似たヒヤシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクウンボクの花

札幌ではこの花が咲始めました。 大きな葉に隠れるように咲くので、つい見落しがちです。 街路樹として人気の高い木ですが、大通公園の5丁目北東でも咲いているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more